土地や家屋など名義を変えずずっと住み続けることはできますか?

土地や家屋など不動産の名義変更は、いつまでに行なえば良いのでしょうか。

法的な問題も含めて考えてみましょう。

◎法的には問題ないけれど早い時期にスッキリと。

たとえば質問者のように面倒だからといった単純な理由や、法定相続人が複雑に絡んでまとまりがつかないと言った理由で、名義変更しないまま住み続けているケースはたくさんあります。

法的には何ら問題ありません。

固定資産税などは、死亡した方の名義のままで納付書が送られてきます。

ただし、土地や家屋の名義変更は、そのときになって慌てて行なっても、スムーズに行かないことが良くあります。

できるだけ差し迫った状況が生まれない時点でやっておくべきです。

◎家族も知らなかった債務が発生していることも。

土地の名義変更に際して、場合によって家族も知らないうちに抵当権がついていることもあります。

家族には言い出せずに金融機関から融資を受けていたとすると、その可能性があります。

お父様が亡くなってから半年程度のあいだに送られてくる郵便物には注意しましょう。

知らない間に延滞金や違約金が発生しているケースもあります。

◎土地や建物の名義変更を放置しておくと、後々の相続人問題で不測の事態が起き、円滑に相続手続きができなくなることもあります。

土地の名義変更などをそのままにしておいても法的な問題はありません。

しかし長くそのままにしておくと、思ってもみなかった被相続人があらわれたり、「私にも権利がある」、「融資したお金を返済しろ」といった事態が発生することもあります。

早い時期にスッキリさせましょう。