土地の名義変更、費用と時間はどのくらいかかるものでしょうか?

土地の名義変更には、どれほどの費用と時間がかかるものなのでしょうか。

一般的なケースを前提にして、概略をお話ししてみます。

◎土地の名義変更にかかる費用はわずか。

土地の名義変更にかかる費用は、相続による不動産によって若干の違いがあります。

基本的には名義変更にかかる実費となる費用と、司法書士へ報酬として支払うものの費用にわかれます。

司法書士への費用は2万円から3万円程度。

実費とは、名義変更登記にかかる実費(登録免許税などの税金)、名義変更に際して必須となる物件調査・登記事項証明書の取得等に必要なお金です。

こちらも数千円程度で、たいした出費にはならないので安心してください。

◎調査によっては時間がかかることも。

土地の名義変更の場合、たとえば現在の所有者の確認を行なったり、私道部分に権利が残っていたりしないかなどの確認が必要です。

また場合によっては公道への売却手続きをするための権利抹消手続きが必要になるなど、予期していなかった事柄で時間がとられることもあります。

どれくらいの時間がかかるかは、土地の権利の複雑さによります。

詳しく状況を把握しないと予測できません。

◎通常、家族が住んでいる土地や建物の名義変更であれば、それほど難しい問題は発生しません。

依頼から数週間もあれば書き換え完了となります。

もともとの土地の所有者が実業家であったりすると、複数の権利が絡んでいて抵当権も複雑です。

そのような前提でない限り長期化はしないでしょう。

ただし相続する土地に複数の法定相続人が絡む場合は別です。