土地の名義変更を初めて行うことになりました。

土地や建物などの名義変更には、いろいろな問題が付いて回ります。

自分でやりきることは大変ですから司法書士に依頼すると良いでしょう。

概略をお話ししておきます。

◎不動産の持ち主(所有者)を変更する手続き。

土地の名義変更とは、土地の所有者の名義変更を行う手続きのことです。

法律によって定められており、提出する書類なども決まっています。

基本的に土地などの名義変更をせずに放置していても罰則などはありません。

ただし土地などの不動産・動産の名義変更が終わっていないと、売却しようと考えたときにあわてることになります。

できれば何事もない時期に済ませておくことをおすすめします。

◎自分で処理しようと思うよりプロにお任せ。

初めて土地の名義変更などを行なう場合、どうしたら良いのか、何から手をつけたら良いのかわからないというのが当然です。

また提出書類には一定の書式があり、記入漏れや間違いがあると何回もやり直すハメになります。

法律の専門家である司法書士に依頼すれば、一式を面倒みてくれます。

◎土地の名義変更にはトラブルやアクシデントが潜んでいます。

間違いなく完了させるには司法書士に依頼するのがいちばんです。

たとえば土地の名義変更や建物の名義変更には、遺産相続が絡んだり、抵当権の設定がされていたりする場合があります。

抵当権の抹消や被相続人などとの話し合いが必要になったりもします。

まずは司法書士に相談し、できる限り一式の面倒をみてもらいましょう。

何となく敷居が高い、相談しづらい…そんな思いを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、無料相談をおこなっている事務所(URL:http://www.meigi-henkou.jp/)もありますのでまずは一度、試しにという気持ちで良いですから専門知識を持つ人から話を聞いてみましょう。

不安点が解消されたり、わからなかったこと、やるべきことがはっきりしてくるはずです。