うちわはその時代に合わせて、役割は変化していきました。

平安時代には貴族の顔を隠したりする道具でしたが、進化が進み送風力がアップし、今では骨もプラスチックで簡素なものが作られるようになりました。

その為、価格も安く今では100円で購入できるようになりました。

イベントなどで大量に使用できるようになりましたので、消耗品的な意味も持たれてきています。

実際うちわの販売店は地方にありますが、数は少なくなっています。

京都や岡山、それに千葉など風土に合わせた特徴的なものが販売されています。

それに対して安価なものはというと、ネットを中心に多くの会社(店舗)で販売されています。

また、ネットでは通常のうちわを販売する会社のほかに、広告用としてうちわの印刷をあわせて請け負っているうちわ印刷のような会社もあり販促グッズとして大企業から個人店舗までよく利用されているようです。

最近では手作りうちわキットのように自分でカスタマイズできるものまで登場し、その使い方の幅も拾っがてきています。